廃車についての知識をつけよう

廃車の際の自動車税の納税について

廃車の際の自動車税の納税について 自動車税は年額で納入するので、1年単位で区切られていると考えてる人は多いものですが、廃車をする場合に限っては月単位で返還されることになっています。
その返還に於いてはその時期によって戻ってくる金額が異なります。
一般的には廃車を行った月の翌月から3月までの月数分が戻ってくることになっています。
ただし、これには様々な条件が有ります。
第一にその年の自動車税が納税されていることが必要です。
万が一納税されていない場合には当然戻ってこないことになります。
また、廃車をした月までの分は当然、納税の義務が生じるので未納分は督促されることになります。
さらに、地方税とも密接に関係していることは意外と知られていないものです。
自動車税の返還が生じた場合であっても、未納の地方税が有る場合にはそちらに充当されるので、結果として戻ってこないこともあります。
その為、廃車をするからと言って必ずしも税金が戻ってくるわけではないのです。

廃車するかの判断について

廃車するかの判断について 車を乗らないから廃車するというケースもあれば事故で動かなくなったからという場合もあります。
さまざまなケースがある廃車ですが、大きく分けると3つに分けられるようです。
判断の1つ目は不動です。
水没や事故、故障など車として使えない状態でも税金がかかるので廃車にして処分してしまう場合です。
この場合はリサイクル券があれば費用がかからずにリサイクルしてもらえるので陸運局への手数料とレッカー費用だけですみます。
2つ目はコレクションです。
運転することはないがコレクションとして保存する方が居ますが、その際にはナンバープレートだけを返す一時抹消をするケースが多くなります。
一時抹消はリサイクルする必要がなく長く所有することができ、税金もかかりません。
3つ目は運転を止める場合です。
判断として増えているのがこのケースであり、年齢や体調によって運転をやめてしまうからという場合です。
車の価値が無い場合は廃車、ある場合は買い取りサービスを利用することが多いです。

新着情報

◎2019/7/31

サイト公開しました

「廃車 自動車」
に関連するツイート
Twitter